市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

Road to Fukuoka インタビュー

【Road to Fukuoka】夏目晋太郎さん①覚醒の2014年

投稿日:

夏目さん第三回

Citymarathon.jp共同編集メンバーで、年末の福岡国際マラソン参加資格を獲得した3選手へ、インタビューをしていく新企画福岡国際マラソンへの道<Road to FUKUOKA>

第二弾は、昨年10月の北上マラソンで、編集部一番乗りで福岡国際を決めた夏目晋太郎さん(SRP)に登場して戴きました。

 

夏目晋太郎(なつめ・しんたろう)

夏目晋太郎

SRP=Social Running Project

Citymarathon.jp共同編集プロジェクト 遠方レース&国際レース担当

自己記録:フル2時間36分37秒/ハーフ1時間14分43秒

 

よろしくお願いします!

スポーツようかん 東京マラソンEXPO

夏目:よろしく!・・・って、なんでこの写真なんだよww

――良いじゃないですか。夏目さんの笑顔^^

夏目:じゃなくて・・なんでわざわざスポーツようかん・・・

 

――やっぱり、こっちにしましょうか?

夏目晋太郎

夏目:そうそう!こっちの方がインタビューっぽいじゃん!

――懐かしいですね、東京マラソンEXPO。

 

夏目:この時は不調だったもんなぁ。

――そうでしたね。前日も治療受けてましたもんね。EXPOで。笑

変換 ~ DSC00499

夏目:懐かしい(笑)当時はとにかく、膝が不調で・・この無料マッサージは有難かった^^;

 

――秋に好記録連発した反動・・という感じでしょうか?

夏目:やっぱりそうなのかなぁ。正直、よく分からないけど。。

 

――でも、最近は大阪マラソンで2時間41分台のサードベスト、復調してきましたね!

夏目:つくば以降は故障もあったとは言え、2時間45分すら切れないレースが続いてたから、2時間40分切りを視界に捉えられる走りが出来て良かったよ。
まだまだ本調子ではない中での記録だったから、これからもっと上げていくよ!

夏目晋太郎さん大阪マラソン

10月の大阪マラソンは2時間41分35秒

 

別名「オールサブスリー男」

――これまで、フルマラソンは何回走られたか、覚えていますか?

夏目:これまでに19回、次の福岡が20回目のマラソンになるよ。

 

――19回ですか!すごいですね。どのくらいの期間で19回ですか?

夏目:初マラソンが2012年10月の千葉アクアラインマラソンだから、ちょうど3年かな!

 

――3年で19本!!すごいペースですね。

夏目:確かに、こうやって数えてみると、結構走ったなぁと思う(笑

 

と、ここで夏目さんが、こんな資料を見せてくれた。

――これは・・・まさか。

夏目:そう、マラソンの全記録。笑

IMG_2196

 

――・・すごい。マメですね。

夏目:今日のインタビューのために、まとめてみたよ^^

 

――好きなんですか?こういうの。

夏目:これも趣味( ̄▽ ̄)
大学時代に統計学やってたからデータとかを取るのが好きで、ゲームのデータとかも・・・(あっ、コレはマニアっぽいのでオフレコで)
ともかく自分用の遊び資料だけど、今回「過去の記録を教えて!」っていうリクエストだったから、持ってきたよ。

――おぉ!ありがとうございます!!!

 

ちょっと拡大。

IMG_2197

大学時代の専攻が統計学だったという夏目さんが作る資料は、さすがのクオリティ。

 

――あれ・・?

夏目:ん?どうした?

 

――全部サブスリーじゃないっすか(゜-゜)!

夏目:うん、まぁ・・(テレテレ

 

――しかもここ2年ぐらい、50分すら超えてない・・

夏目:それは我ながらすごいと思う(笑)

 

――(ちくしょう・・・)素晴らしいですね!!!

夏目:(目が笑ってねぇなコイツ・・)おう・・ありがとう!

 

――しかしコレ、すごいですね。初フルからサブスリーですし、初フルの記録を一度もオーバーしてない・・。

夏目:初フルって怖いもの知らずで意外と行けちゃったりするから、それをオーバーしてないのは地味に嬉しいね(*^^*)

 

――二本目のジンクスとか、スランプとか、なかったんですか?

夏目:2回目の湘南(2:53)でマグレじゃないって自信が芽生えて、それからは最低ラインをサブスリーにって意識になったよ。
危ないと思ったのは2014年のかすみがうら(2:55)田沢湖(2:58)くらいかな。
かすみがうらは4月だったのに、真冬みたいな気温と大雨っていう最悪のコンディションで、後半体がガチガチに(>_<)…

 

――その年の嵐、何となく覚えてます!みんな撃沈していたような。もう一つの田沢湖の2時間58分というのも、確かにギリギリでしたね(でも速いけど)

夏目:田沢湖はとにかくコースが・・・。
だからあのコースで2時間33台の三好君(参考リンクは本当にスゴイと思う!!

 

――とはいえ、どのレースでも守りに入ってるわけでもなく、攻めてますよね。全てのレースで前半の方が速い。ほとんどのレースで5分以上違いますね。

夏目:そうだね、ネガティブスプリットとか、僕には無理!行けるところまで行って、苦しくなったらひたすら粘るのが、僕のスタイルだと思ってる(そもそもネガティブスプリットって概念知ったの割と最近だし・・・)

 

――「夏目式・イケイケ走法」でしたっけ。

夏目:なんだそれ、初めて聞いたぞww

 

――なんかチャラいですね。

夏目:こら!勝手に話を進めるな(゜-゜)!

 

2014年は覚醒の一年

――ところで夏目さん。2014年は、好記録連発でしたね!

夏目:いわて北上マラソンでまず40分を切って、一番狙っていたつくばマラソンで自己記録を更新!という、思い描いていたシーズンそのものだったよ。

 

ということで、2014年のマラソン戦歴を並べてみました。

2月 東京 2時間53分06秒
3月 佐倉朝日 2時間42分35秒PB
4月 かすみがうら 2時間42分21秒PB
10月 いわて北上 2時間37分26秒PB
10月 千葉アクア 2時間47分03秒(北上の翌週)
11月 つくば 2時間36分37秒PB

――6本中4本でPB!すごいですね。

夏目:本当だ・・そうだったんだね^^;
佐倉かすみがうらは、40分が切れなかった悔しさの方が強くて、自己新という感覚はあんまり無かったよ・・

 

――確かに、2時間42分台連発には、悔しがってましたよね^^; どちらも自己新なのに。

夏目:そうなんだけどね・・40分切りはおろか前年度までの福岡国際水準(2時間42分)すら切れないのがとにかく悔しかった。
2本とも、「いける!」と思い始めた35km過ぎに大失速、っていう展開も同じで・・・。

 

――そして10月の北上マラソンでサブ240達成。まさか25kmまでトップを独走するとは(笑

夏目:うん、僕もビックリしたよ(笑)誰も付いてこないんだもん・・。

10351386_554966867970069_9010762743954613741_n

――ハーフを75分で通過した後、粘りに粘って2時間37分。9位でしたね。

夏目:さすがに勝たせてもらえなかったけど、入賞もできたし、とても良いレースだった!

 

――25kmまでトップ走ってると、「優勝」とかも、チラつくんじゃないですか?

夏目:そうだね・・「優勝インタビューどうしよう・・」とか考え始めたあたりで、見事に抜かれたよ(笑)

 

――雑念・・ですかね。

夏目:そうかな(笑)でもやっぱり、トップランナーはみんな、後半に足を貯めているね。
優勝者はそれこそネガティブスプリットだったよ(笑)しかも後半が上りなのに( ゚Д゚)

 

――噂によると、テレビ局にインタビューされたとか。

夏目:「テレビいわて」だったんだけど、前半独走だったからという理由で取材が来たよ。まぁ、見れて無いんだけどね(笑)

 

――え!?見てないんですか!?

夏目:そうなんだよ・・放送日にはもう岩手にいなかったし、録画してくれるような知り合いも居なくて、結局見れずじまい(笑)

 

翌月のつくばマラソンで更に記録を更新!

――昨年のつくばマラソン、私も応援に行きましたが、入賞圏内で夏目さんが現れたときは、ビックリというか、嬉しかったですよ!

夏目:あの日は気温が高めで、撃沈した人が多かったみたいだけど、個人的には寒いよりも暖かい方が好きだから、いつも以上に粘れたかな!

 

つくばマラソン36km地点

 

――36km地点でも、しっかり身体が動いてましたよ。

夏目:このあたり、かなり苦しかったけど、こんなガッツポーズしてたんだね(笑

 

――そうです、みんなで「元気だなー」って話してました。ほら、この写真でも、すごく脚が動いてますよ!!

変換 ~ tukuba

夏目:ホントだ・・っていうか、それ以上に気になるものが写ってるんだけど(笑

 

気になるもの

 

――あ・・・。

夏目:・・・。

 

 

――そっ・・そして、世田谷246ハーフで入賞し、東京マラソンの準エリートにも選ばれましたね。

夏目:まさか2年連続で東京マラソンを走れることになるとは^^

※この記事を書くための情報を提供してくれたのは、夏目さん。

 

――当選の翌年に、準エリートだなんて、運も実力も兼ね備えてますね。

夏目:実はこの年、一般抽選でも当選してたんだよ(笑)
それに、翌4月の新茶マラソンでも抽選でGPS時計が当たったりして、色々と運を使い果たした様で、逆に不安だったよ・・・

 

――それは確かに^^; でも、編集部としては、大活躍でしたよ^^

夏目:役に立ったようで、よかった!

 

大活躍だった2014年の夏目さん

春に若干のつまづきはあったものの、秋以降は順風満帆そのものだった夏目さん。

福岡国際だけでなく、東京マラソンの出場権まで獲得してしまい、多くの方々に羨望の眼差しを受けることになってしまいました(?)。

 

しかし、夏目さんが福岡国際マラソンへの出場を目指し始めたのは、2013年の春。

そこから、2時間40分へのチャレンジが始まりましたが、以後7回のチャレンジはいずれも失敗。

一年半の歳月を経て、ようやく花開いたのが、2014年の北上マラソンでした。

 

第二部では、苦境を乗り越えるために改善を重ねた独自のトレーニングや、レースの走り方の工夫などについて、お話を伺いました。

 

 

-Road to Fukuoka, インタビュー


  1. dosanko より:

    貴サイトは私のような市民ランナーに
    非常に有益な情報を提供してくださり、
    いつも楽しんで拝見しています。

    私は来年2月の別大で40分切りを狙っているので、
    このシリーズは何度も何度も、
    PCの画面に穴があくくらい読み返しております。

    特に40分切りのための練習内容と過去の運動歴等は
    詳しく知れれば幸いです。
    続編も楽しみにしておりますので、力作をお願い致します。

    • Zaki より:

      dosanko様
      嬉しいコメントを、ありがとうございます!
      私も、今月の防府で40分切りを狙っているため、彼らには私自身の勉強のつもりで、色々と教えてもらっています。
      私自身、40分切りを狙って早2年、いまだに切れずにいる立場ですが、彼らの話の中で出てきたアイディアが、dosanko様や、同じような境遇の方にもヒントになれば良いなと思いながら、次のページを作成しています。
      夏目さんのトレーニングも、他のメンバーに負けず劣らず、独特でありながら洗練されたメソッドです。ぜひご期待ください!

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【Road to FUKUOKA】夏目晋太郎さん②夏目式マラソンメソッド

本記事は「【Road to FUKUOKA】夏目晋太郎さん①」の続きです。  Citymarathon.jp【Road to Fukuoka】夏目晋太郎さん①覚醒の2014年https:// …

福岡国際マラソンへの道【Road to FUKUOKA】スタート!

日頃は、Citymarathon.jpをご愛読いただき、ありがとうございます。 Citymarathon.jpは現在、1名の管理人と、6名のパートナーからなる「共同編集プロジェクト」として、情報収集& …

【Road to FUKUOKA】三好真司さん③必読!人間本来の力を引き出す4つの理論

※2016/1/21タイトル変更しました 9月上旬から続いた【Road to Fukuoka】三好真司さんのシリーズも、これで最終章となります。 最後は、現在の三好さんが強いこだわりを持つ「身体の使い …

【あと6秒】福岡国際マラソンに最も近くて遠かった男の物語

「6秒」 何気ない普段の生活であれば、あっという間に、気にすることもなく通り過ぎてしまうくらいの、わずかな時間。 でも、この男にとって「6秒」は、あまりにも大きい時間でした。   2時間35 …

【Road to FUKUOKA】三好真司さんが田沢湖マラソンで準優勝!!

連載企画としてお送りしている【Road to Fukuoka】福岡国際マラソンへの道 に登場して戴いている 三好真司選手 が、 先日9月20日(日)に開催された田沢湖マラソン(フルマラソン)にて、 見 …