市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

2.北信越 クロカンコース探訪 行ってみた 長野県

クロカンコース探訪⑨ 峰の原高原クロスカントリーコース

投稿日:

日本のクロスカントリーコースをご紹介する「クロカンコース探訪」。

第9回は、管理人がずーーっと行ってみたかった峰の原高原クロスカントリーコースをご紹介します。

 

スポーツ合宿の聖地、菅平高原からすぐの場所にあり、長距離ランニングのために整備された専用コースです。

関東の多くのランナーが走りに訪れるこのコースですが、実際に走ってみると、その人気の理由がよくわかります。

 

峰の原高原クロスカントリーコース

1周2kmのコースがメインですが、それだけでなく、様々な距離、種類のコースが整備されています。

 

1周2kmのメインコース

ほぼ全面が芝生で走りやすいコース。でも多少でこぼこがありますので、足元は要注意です。

大回りコースが2kmありますので、距離走などをやるにも距離を取りやすいです。

長い下りと下りがあり、フォームの修正を心がけながら走るのにちょうど良いです。

 

全面がほぼ芝生で走りやすいコース。

 

 

緑が美しい。

 

雨天時でも走れそうな全天候型コース

芝生コース2kmの外側を通る場所に敷かれたコース。

看板には「1周2km」とありますが、もう少し長いと思われます。

 

芝生コースとほぼ同じアップダウンが体験できます。クロカンコースといえば、悪天候時は路面がグチャグチャで走れない・・なんて状態が普通ですが、
このコースであれば、雨天時でも

  • 高い標高
  • アップダウン
  • アスファルトより柔らかい路面

の中でトレーニングをすることが可能になります。雷には注意ですが。

 

全天候型コースは内側周回(0.4km)もあります。

通常のトラックよりかなりカーブがきついので、トップスピードでのトレーニングは難しいですが、直線を使ったトレーニングなどは十分使えそうです。

なお、この全天候コースはスパイク禁止です。ご注意ください。

 

木陰0.7kmコース

こちらは、炎天下でも走れそうな木陰コース。

外周コースよりも細かいアップダウンがありますので、ちょっと忙しいですが、そのぶん楽しく走れるコースです。

道幅が狭いことと、一周が0.7kmということもあり、長い距離走には向きませんが、ウォームアップやクールダウン、ちょっとしたジョグなどに使えるコースです。

 

あらゆる状況に対応できる素晴らしいトレーニング環境!

管理事務所。ここで利用料(大人300円)を払います。

 

総じて、この施設は「あらゆる状況に対応できるトレーニング環境」だといえます。

普段は外周2kmのコースを使いトレーニング。

雨が降ったら全天候型コースへ。

日差しが強すぎて暑い時には木陰コースへ。

 

「せっかく走りに来たのに、天候不良で走れなかった!」なんていう心配が不要な、素晴らしいクロカンコースでした。

 

▼コース紹介動画(YouTube)

※ぜひ、チャンネル登録をお願いします♪

 

-2.北信越, クロカンコース探訪, 行ってみた, 長野県


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

変態ランナー集結!?綱島 ”オオグロ合宿” に潜入してみた(3)完結編

(本記事はその1・その2からの続きです) 8月8日から、二日間にわたって開催される第1回オオグロ合宿も、二日目に突入しました。本日は、高尾~陣馬トレイルランです。   6時起床、6時半出発。 …

長野マラソン2015 記念カレンダーが届きました!

出典:長野マラソン公式 CityMarathon.jpゴールドパートナーのMoriya氏のもとへ、長野マラソンの記念カレンダーが送付されてきました。以下、Moriya氏コメント。 長野マラソン大会組織 …

車に追われる謎レース『Wings For Life World Run』に参加してきた<前編>

”ゴールを決めるのは、あなた” 日本初開催となったWings For Life World Runに、管理人が参加してきた話。 Wings For Life World Runは、決められた距離を走る …

第1回横浜マラソンのEXPOに行ってきた その1(受付)

何かとよろしくない話題の多い横浜マラソンのEXPOに昨日、行ってきました。簡単ですがレポート。 EXPOそのものは、金曜・土曜と開催されているようです。 19:26 みなとみらい駅着 金曜夜ということ …

日体大記録会5000mを、丸一日観戦してみた<最終章>41組 高校生3選手による大記録の誕生

1組目がスタートする8時00分から、40組が終了する20時45分まで、およそ13時間、途中休憩をはさみながらも、レースを見続けてきました。 そして・・・残るは最後の一組。 エントリーを見る限りでも、日 …