市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

ちょっと豆知識 まとめ

マラソンで好記録を出すために大切な5つのこと

投稿日:2014年10月6日 更新日:

マラソンの自己新達成に向けて

マラソンで自己新を狙いたいけど、なかなか記録を更新できない。そんな悩みを抱えるランナーの皆様へ贈る、5つのポイント。

 

1.目的を明確にする

「自己新を出したい!」「復帰後ベストを出したい!」と思っても、なかなかモチベーションが上がらないという人も多いはず。その好記録の先に、何がありますか?

過去の自分を越える体験は、この先必ず糧になる!

ランニング仲間と、自己新の喜びを分かち合いたい!

ここでベストを出して、自分に自信を持って彼女に告白するんだ!

こんな強いモチベーションを持つことができれば、きっとエネルギーは沸いてきます。つまり「何のために好記録を目指しているのか?」を、自分で理解しておくことです。

 

2.「出来ない理由」に甘えない

どんなチャレンジでも、壁があります。壁を越えられないのにも必ず「出来ない理由」があります。

残業が続いていて時間が取れなくて・・

なかなか朝起きられなくて・・

走ると膝が痛くなるから、なかなかやる気が起きなくて・・

市民ランナーである以上、仕事(家事・学業)との両立を考えることは不可欠です。年齢的にも、若い頃ほど元気に走り続けられるわけではありません。

走りながら、このような「出来ない理由」を突きつけられたとき、それに甘えてしまうか、しっかり対処して解決しようとするか、これが分かれ道ではないでしょうか。

nayami

 

3.過去の記録にこだわらない

自己記録を狙うときに陥りがちなのが、「自己記録を出した**年のときより、練習で良いタイムが出ている!」または「**年の練習のタイムに追いつけなくて不安・・」という思考。

自己記録とは、過去最高の記録であり、現在の自分はそれより、大小あるにせよ確実に年老いています。それに気が付かず、練習のタイムを追い求めた結果、練習のタイムが良すぎてダメージが抜け切れず、本番で撃沈・・なんて結果もたくさん見かけます。

大切なことは「目標」と「現在」のギャップ。ギャップを埋めるための作業がトレーニングであり、その ”参考資料” が過去の記録です。あまり過去の記録にこだわらず、体の声を聞いて一歩ずつ、前に進みましょう。

 

4.時には教えを請う

市民ランナーとは頑固な生き物。もちろん、多くの場合は「自分の考えでやってやる!」という頑固さが良い結果をもたらしますが、頑固さは時に、スランプの元にもなります。

常に教えを請うていては、市民ランナーの面白みが半減しますが、困ったときに相談できるコーチのような存在は、必要です。

 

5.何より、楽しく走り続けること

市民ランナーにとってのランは、あくまで趣味であり、言ってみれば「遊び」です。記録!記録!と考えすぎると苦しくなってしまいますので、まず楽しく、継続できることを大切にしましょう。

時には「ただの遊びじゃないか!」と捉え、リラックスして走れると、案外良い結果が生まれるかもしれません。

※かといって、出来ない理由に甘えてしまっては、いけませんけどね。

 

以上、個人的な視点ですが、好記録達成のために大切なことをまとめてみました。

ぜひ参考にしていただき、勝利の美酒!?をいただくとしましょう!

-ちょっと豆知識, まとめ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

雪の日は、走っても大丈夫なのか?

本日、関東一円で、雪が積もっているようですね。まだまだ降っています。どこまで積もるのでしょうか。 雪国の方から見ればたいしたことはありませんが、特に都心は雪に対して脆弱なので、5cmの雪でもトラブルが …

第1回大会が「当日計測の結果、後付けで公認される」場合の、発表時期を予想してみる。

先ほど、「第1回横浜マラソンが、公認コースになる可能性が残されてるよ!」的な記事を書きましたが、その中で、 公認かどうか、いつ教えてくれるの?? という質問については、「分からない・未定」という回答に …

東京マラソンの完走メダルデザインまとめ(表裏あり)

東京マラソンの完走メダルのデザインを、まとめてみました。 フルマラソン・10kmどちらかを完走するともらえます。 全部持ってる人、居るのかな??   第8回 2014年 出典:http:// …

【台風接近】雨の日に走っても大丈夫!?

台風19号VONGFONG(ヴォンフォン)が接近しています。 筆者も小さいながらランニングクラブなるものを運営しておりまして、「雨の日は休んだほうが良いですか?」という質問を度々いただきます。 結論、 …

ランナーの”立ちション”はマナー違反!?いいえ、立派な犯罪です!

ランニング人口の増加に伴い、ランナー達の”マナー違反”に関する話題も、よく耳にするようになりました。 そのうちの一つが「立小便」の問題。 主に、マラソン大会のスタート前などに、トイレの列に並ばずにその …