市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

8.海外 ニュース

やっぱり!アジア大会の男女マラソン1位は”アフリカ勢”だった。

投稿日:2014年10月5日 更新日:

スポーツにタラレバは禁物・・ですが、やっぱり気になるので、確認してみました。

アジア大会男女マラソン、上位記録と国籍変更の関係。やはり、男女金メダリストは、ケニア出身のランナーだったようです。

男子

1位 ハサン・マハブーブ(バーレーン) 2時間12分38秒 →2005年、ケニアから国籍変更

2位 松村康平(日本) 2時間12分39秒
3位 川内優輝(日本) 2時間12分42秒

女子

1位 ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)2時間25分37秒 →2013年、ケニアから国籍変更

2位 木崎良子(日本) 2時間25分50秒

3位 リシャン・ドゥラ・ゲムジュ(バーレーン) 2時間33分13秒 →??

4位 早川英里(日本) 2時間33分14秒

 

仁川アジア大会男子マラソンラスト

女子銅メダルのバーレーン選手は分かりませんが、もし国籍変更でのアフリカ勢の参加が無ければ、男子が金&銀、女子が金&銅だったわけで・・
(もちろん、彼がいなければバトオチルの戦い方も変わっていたと思いますが・・)

近年のアジア大会は、厳しい戦いを強いられています。「**年ぶりの金メダル!」みたいなフレーズと同等の価値があるのです。

 

ケニア人留学生が日本学生陸上界に刺激を与えている話

こういう話は、国籍変更とはちょっと違いますが、高校や大学陸上界でも、「留学生」という形で似たような事象が起きています。

詳細は省きますが、いまだに賛否両論ある「留学生」の存在も、時代とともに当たり前のものと受け入れられ、「留学生に勝ってやる!」と意気込む日本人選手が増えてきたこと、その結果、日本長距離界のレベルが上がっていることも事実です。

 

アジアの陸上界をけん引する起爆剤になってほしい

日本でも古くから、サッカー日本代表には1名必ず?帰化選手が含まれていたように、国籍変更そのものをNGとする流れは、おそらく今後来ないでしょう。

彼らが第二の祖国を愛し、受け入れられ、日本人として一緒に戦ってくれた歴史を、否定的に見る人は少ないでしょう。

 

とすれば、アジア大会がこれまでのように「オリンピック・世界陸上のない谷間のレース」という認識は無くなり、世界に挑戦できるチャンスが毎年訪れることになります。

日本の学生がそうであったように、過去の”アジア大会の栄光”を再現することはできなくなるかもしれませんが、その分アジアで揉まれて、世界で活躍する日本人選手が増えてくれることを祈ります。

-8.海外, ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2016年、千葉国際クロスカントリーは、「千葉クロスカントリー」へ。

2015年大会の様子 2015年まで、日本のクロスカントリーランニングにおける最高峰の大会は、千葉・福岡の2か所で開催されていました。 「千葉国際クロスカントリー」「福岡国際クロスカントリー」と、東西 …

日体大記録会(12/7・横浜市)5000mで脅威の高1最高記録が誕生!

2014年12月7日(日)、日体大記録会で、また一つ、大きな壁が破られました。 学校法人石川高校1年 遠藤日向(えんどう・ひゅうが)選手が、高1史上初の13分台となる、13分58秒93をマークしました …

東京マラソン2015 最後のランナーがTwitterに。

東京マラソン財団のTwitterに、7時間00分00秒の瞬間のゴール画像が公開されています。 最後の最後、制限時間ぎりぎりに飛び込んできた男性ランナー・・・勢いで転んでしまったそうですが、大丈夫でしょ …

マラソン大会で先頭ランナーと先導オートバイが接触した件について

ちょっとビックリしたニュース。 でも、誰かを責めたくはない事案。  NHK NEWS WEBマラソン先導車と接触 選手軽傷|NHK 北海道のニュースhttps://www3.nhk.or.j …

横浜マラソンの距離不足は”186.2m”でした(10kは94.1m)

ついに、ついに発表されましたね。 横浜マラソン”非公認コース”の距離不足の件。結果、186m不足だったとのことです。 以下、朝日新聞デジタル4/7配信「横浜マラソン、規定より186M不足 公認得られず …