市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

8.海外 ニュース

やっぱり!アジア大会の男女マラソン1位は”アフリカ勢”だった。

投稿日:2014年10月5日 更新日:

スポーツにタラレバは禁物・・ですが、やっぱり気になるので、確認してみました。

アジア大会男女マラソン、上位記録と国籍変更の関係。やはり、男女金メダリストは、ケニア出身のランナーだったようです。

男子

1位 ハサン・マハブーブ(バーレーン) 2時間12分38秒 →2005年、ケニアから国籍変更

2位 松村康平(日本) 2時間12分39秒
3位 川内優輝(日本) 2時間12分42秒

女子

1位 ユニスジェプキルイ・キルワ(バーレーン)2時間25分37秒 →2013年、ケニアから国籍変更

2位 木崎良子(日本) 2時間25分50秒

3位 リシャン・ドゥラ・ゲムジュ(バーレーン) 2時間33分13秒 →??

4位 早川英里(日本) 2時間33分14秒

 

仁川アジア大会男子マラソンラスト

女子銅メダルのバーレーン選手は分かりませんが、もし国籍変更でのアフリカ勢の参加が無ければ、男子が金&銀、女子が金&銅だったわけで・・
(もちろん、彼がいなければバトオチルの戦い方も変わっていたと思いますが・・)

近年のアジア大会は、厳しい戦いを強いられています。「**年ぶりの金メダル!」みたいなフレーズと同等の価値があるのです。

 

ケニア人留学生が日本学生陸上界に刺激を与えている話

こういう話は、国籍変更とはちょっと違いますが、高校や大学陸上界でも、「留学生」という形で似たような事象が起きています。

詳細は省きますが、いまだに賛否両論ある「留学生」の存在も、時代とともに当たり前のものと受け入れられ、「留学生に勝ってやる!」と意気込む日本人選手が増えてきたこと、その結果、日本長距離界のレベルが上がっていることも事実です。

 

アジアの陸上界をけん引する起爆剤になってほしい

日本でも古くから、サッカー日本代表には1名必ず?帰化選手が含まれていたように、国籍変更そのものをNGとする流れは、おそらく今後来ないでしょう。

彼らが第二の祖国を愛し、受け入れられ、日本人として一緒に戦ってくれた歴史を、否定的に見る人は少ないでしょう。

 

とすれば、アジア大会がこれまでのように「オリンピック・世界陸上のない谷間のレース」という認識は無くなり、世界に挑戦できるチャンスが毎年訪れることになります。

日本の学生がそうであったように、過去の”アジア大会の栄光”を再現することはできなくなるかもしれませんが、その分アジアで揉まれて、世界で活躍する日本人選手が増えてくれることを祈ります。

-8.海外, ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

第31回サロマ湖100kmウルトラマラソンのエントリー合戦は開始1時間以内で終了した模様

年々、クリック合戦が熾烈になりつつあるサロマ湖100kmウルトラマラソンのエントリー。 2016年大会(第31回)のエントリーは昨日、2016年1月27日22:00開始でした。 100kmの定員「3, …

最後の横浜国際女子マラソン・・最後の関門、それぞれのドラマ。

本日、最後の横浜国際女子マラソンが開催されました。 歴史そのものは6回と浅いのですが、東京国際女子マラソンの時代から、思い入れの強いランナーは多く、本日も『最後の大会』という寂しさの漂う一日となりまし …

茨城県・北浦で100キロマラソン開催へ 2019年3月

  昨日のニュース。  毎日新聞  1442 shares 2 users茨城・行方:北浦1周100キロマラソン開催へ 来春 – 毎日新聞https: …

【第1回】横浜マラソン2015の追加抽選が決定!

横浜マラソン事務局より、こんなお知らせがありました。 「地元優先枠」及び「一般枠(フルマラソン、10km)」において、入金未了の方がいらっしゃったため、追加抽選を行います。抽選結果につきましては、追加 …

北海道マラソン2018でMGC参加資格を獲得した選手一覧

スタート時の気温が22度と、北海道マラソンの中では好条件に恵まれた2018年のレース。 MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)出場権をかけた一次選考会として開催された本大会、多くの選手がMGC出 …