市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

1.関東 ニュース 千葉県

2016年、千葉国際クロスカントリーは、「千葉クロスカントリー」へ。

投稿日:2015年12月28日 更新日:

千葉クロカン 路面はグチャグチャ

2015年大会の様子

2015年まで、日本のクロスカントリーランニングにおける最高峰の大会は、千葉・福岡の2か所で開催されていました。

「千葉国際クロスカントリー」「福岡国際クロスカントリー」と、東西それぞれに分かれ、世界クロカンの代表選考など、2大会が選考会として平等に扱われていました。

 Citymarathon.jp
Citymarathon.jp
https://citymarathon.jp/archives/1079
市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

編集部でも、前回2015年大会に、市民ランナー数名で乗り込んで、「国際レース」のレベルの高さを肌で感じてきました。

 

「千葉国際クロカン」改め「千葉クロスカントリー大会 X-RUN CHIBA 2016」

ちょっと長いけど、リニューアルされる大会名は、「千葉クロスカントリー大会 X-RUN CHIBA 2016」です。

一般ランナーに門戸が開かれ、従来設定されていた参加資格タイムも撤廃されました。

千葉国際クロカン 受付

全日本レベルのレースというと、全日本中学クロカン選手権と、世界大学クロカンの選考会が残されているくらいでしょうか(それでもすごいレースなんだけど)

千葉クロスカントリー大会は、親子ランなども取り入れられ、一般ランナーのためのクロスカントリー大会として、生まれ変わるそうです。

 

国際クロカンは福岡のみ!

「国際大会」という視点で考えると、重要なのは、日本陸連が世界クロカンの選考会を一大会に絞ったことです。

マラソンの世界大会選考会で、いつも話題になる「選考レース一本化」の話。

陸連だってもちろん、検討はしていると思うのですが、スポンサーの関係で中々難しいのが実情のようです(あまり詳しくはないのですが・・)。

変換 ~ DSC00103

実際、選考レースを一本化することには、金銭的なリスク以上に、選考上でのリスクがゼロ!というわけではないでしょう。

 

一発選考はフェアだ!というけれど、もし、シドニー五輪の選考会が一発選考であったなら、高橋尚子さんの金メダルは生まれなかったことでしょう。

当時からのマラソンファンであれば、ご想像いただけると思います。

もちろん、シドニーで次点になってしまった弘山さんに、金メダルを取る力が無かったとは思いませんが、結果的に選考レースを名古屋へスライドした高橋選手が金メダルを獲得した・・・その事実を考えると、「世界で戦えるメンバーを選考する」というのは、一筋縄ではありません。

 

クロカンの選考レース一本化は、日本陸連の新しい試み・・・かもしれない

これ、全部想像で書いてますので、外れていたら申し訳ないのですが、先述の通りこの試みは、日本陸連の中で一つのデータになるでしょう。

変換 ~ DSC00082

選考を一発にすることで、どんなリスクがあるのか。

移動負荷のない地元選手と、移動の伴う遠方の選手の比較。

転倒での順位変動を、どのように評価するのか。

 

みな同じ条件だから、単純に上位の選手を選べば良いじゃないか!と思いたくもなりますが、

世界で戦えるメンバーを選ぶことは、本当にそんなに簡単なことなのか?その答えは、現時点で誰にもわかりません。

 

ちょっと話が逸れてしまいましたが

「千葉クロスカントリー大会 X-RUN CHIBA 2016」

申し込み締め切りは2016年1月19日(火)です。

参加ご希望の方は、お忘れなく!!!

 

-1.関東, ニュース, 千葉県


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京マラソン 準エリート

「東京マラソン 準エリート」って、どんな感じ??の疑問に、準エリート選手が回答!※2016分追記

東京マラソンに、2015年大会から登場した『準エリート』という制度。 TV中継でも、ちょっと紹介されていましたが、実際どんな感じだったの??という疑問に、準エリートとして東京マラソンに参加したNats …

やっぱり!アジア大会の男女マラソン1位は”アフリカ勢”だった。

スポーツにタラレバは禁物・・ですが、やっぱり気になるので、確認してみました。 アジア大会男女マラソン、上位記録と国籍変更の関係。やはり、男女金メダリストは、ケニア出身のランナーだったようです。 男子 …

9月の日体大記録会「中止」に関する続報

先日、9月の日体大記録会が中止になったというニュースをお伝えしましたが、その代替レースの詳細が分かってきました。 5000m:第52回平成国際大学長距離競技会 日時 9月27日 午後~ナイター 場所  …

【豪華!】板橋シティマラソンの上位賞品はこんな感じ

2017年3月20日に開催された板橋シティマラソンで、ワタクシではなく、友人の佐々木正志さんがフルマラソン6位に入賞しました。 そんな佐々木さんが、6位入賞の賞品を見せてくれたので、ご紹介してみよう! …

日体大記録会5000mを、丸一日観戦してみた<序章>

市民ランナーにとって、トラックでのレースというのは、どうしても敷居の高いもの。 中でも、日体大記録会といわれるマンモスレースは、そのレベルの高さから、市民ランナーにとっては縁の遠いもの・・・かどうか、 …