市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

Road to Fukuoka インタビュー

【Road to FUKUOKA】三好真司さん②故障続きの学生時代と、市民ランナーとしての再出発

投稿日:

Road to Fukuoka三好真司1

本記事は「【Road to FUKUOKA】三好真司さん①」の続きです。

第二部では、その活躍の影で苦労した学生時代について、振り返って戴きました。

高校で長距離走を始める

――学生のころから、陸上部だったんですか?

三好:一応、陸上部で長距離走を始めたのは高校からですが、陸上競技そのものは小6からです。

――始めた当時は、主に何をやっていたんですか?

三好:小学生の頃は、地元の陸上教室だったので、特に種目は限定せず、短距離や跳躍など、色々やっていましたよ。中学では、走幅跳に熱中していました。

 

――高校から長距離を始めたんですか?

三好:そうです。種目は特に決めていなかったのですが、見学に行った時、部の先輩に「長距離には駅伝があるよ」と誘われて、駅伝に出たいと思って、長距離走を始めることにしました。

――高校時代のベスト記録はどのぐらいですか?

三好:確かベストは5000mで16分16秒だったと思います。

 

――その後、大学は箱根駅伝などで有名な某大学に進んだと伺いました。

三好:はい、一応・・そうです。

――進学の決め手は、やっぱり「箱根駅伝」ですか?

三好:そうですね・・栄養学の勉強をしたいという目的でしたが、箱根駅伝に対する憧れは、もちろんありました。スポーツ推薦など受けられるレベルではなかったので、一般入学でしたが・・・

 

――やっぱり箱根駅伝って、高校生ランナーの憧れですよね。そして、陸上部に入部・・ですか?

三好:えーっと、、公式な陸上部(長距離ブロック)には半年だけ仮入部していました。

――半年だけ・・仮入部!?えーっと・・説明をお願いします(笑)

三好:はい^^;
まず、大学に入ったころは、浪人時代から引きずっていた腸脛靭帯炎が治っていなかったので、入部を断念しました。
でも、やっぱり陸上部で走りたくて、1年の夏まえ頃に、陸上部の監督に相談をして、入部を検討してくれることになったんです。

 

入部条件は「ペース走」

fhasi

――入部を検討?何か、条件があったんですか?

三好:条件というか、「このぐらいのレベルで走れないと、練習に付いて来られないよ。」というレベルを教えてもらいました。それが、『16000mのペース走を3分40秒/kでこなせるようになること』でした。

――なるほど、そのくらいのメニューをこなせるようになったら、陸上部に入部して良い、と。

三好:そんな感じですね。それをクリアしたら「仮入部」という形で混ぜて戴けることになったので、1年の夏はそこにすべてを捧げました。
夏休みが終わる前に、その条件をクリアして、秋から陸上部の練習に加えていただけることになりました。

 

――どんな練習メニューで、”仮入部ライン”をクリアしたのですか?

三好:とにかく走り込みでしたね。1年の8月は、月間1000kmを超えていました。

――1000km!?すごい・・・一人で、ですか??

三好:いえ・・一人では大変なので、出身高校の練習に毎日、参加させてもらっていました。
それから、地元・相模原市で活動する「SPレーベル」というチームに入っていて、そのメンバーの皆さんと一緒に走らせてもらっていました。

4958_341836962904112358_n

SPレーベルの皆さんと(左端が三好さん)

 

――高校の練習と、クラブチームの練習を、ダブルでこなしていたわけですね! 

三好:そうですね、当時は『高校の練習+SPレーベルor個人練習』という感じで走ってました。

――そんな努力の甲斐あって、”仮入部ライン”を達成するわけですね。

三好:はい、確か9月初旬ごろだったと思います。地元の上柚木競技場で、実際に16000mペース走をやり、3分40以内で走ることができました。走り込み的な練習ばかりでしたが、5000mでも自己ベスト(16分16秒)ぐらいで走れるようになっていました。

 

――実際に仮入部してみて、どうでしたか?

三好:実は・・・9月に仮入部して、その年の11月には、故障して走れなくなってしまいました。泣

――そうでしたか・・やっぱり、練習は厳しかったですか?

三好:人生で一番濃い2か月でした(笑)
元々、仮入部ラインは「3分40秒ペース」だったんですが、いざ入ってみたら、一番遅いチームでも「3分30秒ペース」だったりして(おそらく、夏合宿で底上げされたのでしょう)、仮入部後しばらくは、故障上がりの選手たちと、一緒に走っていました。
走り込みが進むにつれて、少しずつですが、遅いチームには付いていけるようになりました。

――おぉ!大学陸上部の練習に、付いていけるって、すごいですね!

三好:いやぁ・・付いていけたのは、ペース走みたいな練習だけでしたね・・・。インターバルなど、しっかりスピードを出して走る練習では、ほとんど付いていけませんでした。

 

――なるほど・・それでもすごいと思ってしまいますが・・。何か、レースとかには出たんですか?

三好:いいえ・・それが、結局レースは1本も走れませんでした・・。一度、東海大学の記録会にエントリーしたのですが、それも走れず。

――やっぱり・・・故障ですか?

三好:はい・・。みんなのペースに付いていくのに必死でしたが、身体が耐えられなくなってしまったみたいです。

――そして・・・退部に至るわけですね・・。

三好:はい、2年生になる直前の3月に。退部というか「仮入部終了」という感じですね・・。
やっぱり、トップスピードに付いていけない選手が、そのまま故障ですから・・認められなかったのも、仕方ないと思いますね。

 

――それは、辛い経験をしましたね。。

三好:そうですね・・なんというか、自分の力不足とか、部に認められなかった悔しさで、けっこう落ち込みました。。

――そうでしたか・・

三好:はい・・SPレーベルのみんながすごく励ましてくれて、やっと前を向けるようになったのが・・SAIKOロードレースあたりなので、6月ごろだったと思います。

 

市民ランナーとして再出発&5000mで15分台突入。

――そういえば、以前5000mの学生時代のベストは15分台だと、聞いたことがありますが・・

三好:そうなんです。実は、陸上部を退部した後の、2年生の10月に、自己新(15分49秒)が出ました。

――すごいですね!陸上部を辞めて自己新ですか。

三好:うーん、実際その記録に関しては、陸上部の練習のおかげかもしれません。人生で最も濃い2か月で磨いたスピード感覚が、だんだん薄れゆく中で、ギリギリ出せた記録だったと、思っています。

10659293_1659906540948336_8325511499164311997_n

競走部退部後は、SPレーベルに戻って競技を続けた

 

――やっぱり、例の「SPレーベル」に戻ったんですか?

三好:そうです!みんなで駅伝を走ったり、合宿に行ったりと、とても楽しかったですよ。本当は、陸上部に再挑戦したい気持ちもありましたが、結局そこまで自分を高める事ができませんでした。

――メンバーの皆さんに囲まれながら、市民ランナーとしてのトレーニング、調整の方法を見つけていったという感じですね。

三好:そうですね。皆さん仕事をしながら走っているメンバーでしたので、色々と教えてもらいました。

津久井湖駅伝優勝

チームのメンバーと走った津久井湖駅伝で優勝

 

初マラソンは大学生の時

――そういえば第一部のマラソン歴で、初マラソンが第2回(2008年)の東京マラソンでしたが、学生の頃ですよね?

三好:はい、大学3年の時ですね。本当は4年時の卒業記念にでも、と思っていましたが、前年の第1回大会を見て、面白そうだなぁと思って、一年早くエントリーしてみました。

――そしたら、当たっちゃったわけですね。笑

三好:まぁ、当時は今ほど高倍率でもなかったですし・・^^;

 

――それでも、2008年大会は5.2倍ですよ(→過去の倍率一覧)。

三好:おぉ、そうでしたか、意外とラッキーだったんですね!笑

――日本屈指の高倍率レースで、未だに走ったことの無い人もいるのに、ラッキーですね。

三好:僕も、その1回きりで、以後は一度も当たってません。泣

――最近は10倍前後で推移してますから、やっぱり10年に1回ということですかね。笑

三好:じゃぁ、あと3年ぐらい待つんですかね。笑

 

初マラソンの記録は3時間43分

――2008年のタイムは・・3時間43分とのことで。

三好:あんまり大声で言わないでください(笑)

――いやいや、初マラソンでサブフォー、すごいじゃないですか。

三好:なんか、棒読みですね。泣

――ソ、ソンナコトないよ

三好:あぁ・・ありがとうございます(棒)

 

――正直なところ、どのぐらいを狙っていたんですか?

三好:一応、サブスリーできたらいいな、と思っていました。ハーフは予定通り、90分だったんですが、銀座(22k)で脚にきてしまい、浅草(28k)では、歩きそうになってしまいました。

――でも、歩かなかったんですね。

三好:はい、歩いたらもう終わりだと思ってたので^^;
その後、二度目の銀座(34k)で息を吹き返して、何とかゴールにたどり着きました。

 

――噂によると「猫ひろし」に先着したんだとか。笑

三好:はい、5分だけ勝ちました(笑)まぁ・・当時は、普通の芸能人ランナーでしたから。

――そうですよね(笑)ちなみに、元々予定していた、4年生でのマラソンは、走らなかったんですか?

三好:はい、学生時代のレースはその東京マラソンが最後ですね。4年生の東京マラソンは外れてしまいましたし、それ以前に、卒業論文や就職活動に入って、あまり練習もできていなかったので・・。

――そうでしたか。。就職した後も、走らなかったんですか?

三好:そうですね・・就職した後も、しばらくは仕事に慣れず、あまりしっかりと走ってはいませんでした。走り始めるのは、2012年春に、現在所属する「橋本走友会」に入会したことがきっかけでした。

 

国際ランナーに憧れて、本格的なトレーニングを再開

――三好さんが初めて橋本走友会の「水曜練習会」に参加した時のこと、覚えてますよ。

三好:懐かしいですね。まだ僕が「鉄砲玉」だった頃ですよね。笑

※「鉄砲玉」については第一部を参照。

橋本走友会では、毎週水曜日に「上柚木競技場」でナイター練習会を開催しています。フルマラソンでサブスリー、福岡国際、びわ湖等を目指す地元の市民ランナーが多数、練習をしています。

橋本走友会に入会

2012年橋本走友会に入会

 

――当時から、国際マラソンを目指していたのですか?

三好:いいえ、あの当時、まずは「体力を戻したい」と思ってスピード練習に参加していました。同じ練習をする中に、福岡国際マラソンを何度も走っているランナーが居て、一緒に練習するうちに、「自分もいつかは出てみたい!」と思うようになりました。

――三好さんよりも、先に国際ランナーだった人が居るんですね。

三好:はい、その方は、フルマラソン2時間38分台というだけでなく、野辺山100kmで準優勝するなど、すごい実績の持ち主です。

――野辺山で準優勝!?そっ、それはカナリの強者ですね!

三好:はい・・強者・・でした。

――・・でした?

三好:知ってるじゃないですか。笑

――うん(笑)まぁ・・早く復活してほしいですね。汗

三好:そうですね・・読んでいる人に分からない話題はこの辺にしておきましょうか。笑

伝説のM選手による「私もう引退ですわ~」の図。平坦な3Kmコースで17分台というファンランナーっぷりを発揮してくれました。笑

 

三好:確か、当時は3人ほど、福岡国際マラソンに参加している先輩がいました。練習で皆さんと一緒に走ることで、自分も少しずつ体力を戻し、速く走れるようになりました。

――今となっては、主力どころかエースですもんね。

三好:まぁ・・何と言ったら良いか(笑)。でも、上位のメンバーが強くなって、成績が良くなって、その結果、もっと強い選手が入会してくれる、という良いサイクルが出来ているので、すごく良い刺激になっています。

――その中でも、エースの座を渡さない三好さんの走りは、素晴らしいですね。

三好:いやいや、みんな強すぎて、いつも抜かれるんじゃないかと、ドキドキしてますよ(笑)

相模原駅伝 三好真司

年々レベルが上がり続ける相模原駅伝では、エース区間の1区を走り、区間2位、総合2位に貢献(左端が三好さん)

 

第二部まとめ

「陸上部出身」という言葉のイメージとは少し異なり、学生時代の三好さんは、早い段階から「市民ランナーとして」マラソンに取り組んでいたようですね。

大学を卒業して数年、2012年頃から本格的に走り始めたという三好さん。ペース配分に苦労した時期を乗り越えてからは、さらなる記録向上のために、様々な視点からフォームの改良に取り組んでいるんだとか。

 

最終第三部では、三好さんの「フォーム改善へのこだわり」と、初めての参加となる福岡国際マラソンへの意気込みを、語って戴きたいと思います。

 

-Road to Fukuoka, インタビュー


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

あこがれランナーズ<1>山地克徳氏 ~まとめ編~

「あこがれランナーズ」インタビュー企画第1弾としてご登場いただいた山地氏。 幼いころから、ランニングをすることが自然なライフワークとなっていて、長い距離には抵抗なくチャレンジすることができたという、ウ …

あこがれランナーズ<1>山地克徳氏①ランナーヤマジの生い立ち

そこらへんに溢れているような、『有名大会一覧』なんていうサイトではないのがCityMarathon.jpであるように、市民ランナーインタビュー企画も、『速い市民ランナー』にスポットを当てるだけではない …

【Road to FUKUOKA】三好真司さん③必読!人間本来の力を引き出す4つの理論

※2016/1/21タイトル変更しました 9月上旬から続いた【Road to Fukuoka】三好真司さんのシリーズも、これで最終章となります。 最後は、現在の三好さんが強いこだわりを持つ「身体の使い …

【Road to FUKUOKA】夏目晋太郎さん<最終章>国際ランナーへの確かな道のり

本記事は「【Road to FUKUOKA】夏目晋太郎さん②」の続きです。  Citymarathon.jp【Road to FUKUOKA】夏目晋太郎さん②夏目式マラソンメソッドhttps …

【Road to FUKUOKA】三好真司さん①快走続きの一年を振り返る

Citymarathon.jp共同編集メンバーで、年末の福岡国際マラソンの参加資格を獲得した3選手へ、インタビューをしていく新企画「福岡国際マラソンへの道<Road to FUKUOKA>」。 第一弾 …