市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

ちょっと豆知識

限界を突破せよ!レースでの「粘りどころ」を乗り越える5つの考え方

投稿日:

11846669_708080072630035_9120846325310681047_n

マラソン大会などで、レースの後半には必ずと言っていいほど訪れる「苦しい場面」。

別の言い方で「粘りどころ」とも表現されますが、この粘りどころでいかにペースダウンを防ぎ、ラストスパートに繋げるか?が、好記録へのポイントとなります。

 

今日は、そんな「粘りどころを乗り越える考え方」を5つ、ご紹介したいと思います。

苦しい場面を乗り越える、4つのアイディア

ランニング

『苦しいところを3回乗り越えよう!と自分に言い聞かせている。3回乗り越えることができたら、納得できる結果を出すことが出来るから。』

国際ランナー O.Tさん

「3回」の根拠は無いそうですが、経験上、3回頑張ることができれば、結果は付いてくるそうです。

自分との闘いに勝とう、という強い意気込みが感じられます。

 

『諦めなければ、もう一度どこかで風が吹く。そう言い聞かせて走り続けています。』

国際ランナー M.Sさん

ただ「耐える!」のではなく、耐えた先には良いことが待っているはず・・!という、メンタルの持っていき方。参考になります。

 

『 苦しい時こそ原点回帰!姿勢を正して、腕を振って、大きく息を吐くという基本動作を取り戻す。』

国際ランナー N.Sさん

疲れてくると、腰が落ちてきたり、動きが小さくなってしまったり。非効率になりがちな後半のフォームを整えて、しっかりレースを走りきろう!という心構えです。

 

『苦しい時間と、楽になる時間が交互に襲ってくる。限界ギリギリで走っている時は、そういうものだ。だから、一回苦しくなっても、いつか楽になる。』

北京世界陸上2015 代表M.K選手

ゴールデンゲームズで1万M27分台をマークしたあとのインタビューより。限界ギリギリで戦う選手達の「レース中の心境」が良く分かる一言です。

 

[+1]管理人オススメのフレーズ

ロードレーサー

自転車レース業界の闇を描いた名作「シークレット・レース」の本編冒頭に出てくる、著者タイラー・ハミルトンが、1994年のツアー・デュポンで頭角を現したときの心境をつづった一文です。

ちょっと長いですが。

勢いよくスタート台を飛び出し、全速力で最初のコーナーに飛び込んだ。
カーマイケルがチームカーで追走してくれている。
僕は激しくペダルを踏み続け、すぐに限界に達した。そして、その状態に留まり続けた。
口の中に、わずかに血の味がする。限界ぎりぎりで走っている証だ。
僕はそのまま留まり続けた。乗り越えるべき限界の、境界線上を。
そして、次に訪れる瞬間を ――これこそが、僕が自転車レースにほれ込み、今もそれを愛している理由だ――
持てるすべてを出し切ったときに、不意に訪れる神秘的な瞬間が来るのを待ち続けた。筋肉が叫び声をあげ、乳酸が顔面から両腕までを駆け巡る ――そこからさらに力を振り絞る。さらに力を振り絞る。さらに、さらに――。すると、それは起きる。
力尽きるときもあれば、限界にぶち当たって先に進めなくなるときもある。
だけど、その瞬間は、限界を超える瞬間は、確かに訪れる。

シークレット・レース 第一章”ゲーム”のなかへ

多少、文学的な脚色はあるのかもしれませんが、私達がレースで味わう苦しみなんて、プロの世界のそれに比べたら、大したことは無いようです。

人間はそのくらい頑丈に出来ているし、もっともっと我慢できる。そんなことを教わった一節です。

 

エリートの意見なんて参考にならない!?

「エリート選手と私は違う」「速い選手には才能がある」などというご意見を聞くことがありますが、多くの場合、それは違います。

速い選手達は、苦しい時に頑張れる強さを持っているだけでなく、どのように乗り越えれば良いか?という自分なりの引き出しを持っています。

苦しい時に頑張れるからこそ、良い結果が出るだけでなく、その頑張りを通じて更なるレベルアップをしていけるのです。

 

苦しい場面で頑張れるエリート市民ランナーの方々から、私達も多くのことを学びたいものです。

 

追伸:

『私はこんなふうに、苦しいところを乗り越えてるよ!』っていうアイディアをお持ちの方は、ぜひコメント欄等で教えて下さい。もしかしたら、今後の記事に取り上げさせて戴くかもしれません。

 

-ちょっと豆知識


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

東京マラソン2013 トロフィー・完走メダル・フィニッシャータオル

東京マラソンEXPOにあった、第1回からの歴代参加賞、メダル、フィニッシャータオル

本日は東京マラソン。東京ビッグサイトで開催されている東京マラソンEXPOの「メモリアルコーナー」では、第1回の2007年大会から今回に至るまでの軌跡が、紹介されていました。 メモリアルコーナー EXP …

おかげさまで二周年!いつもありがとうございます!

2014年9月25日に公開されたCitymarathon.jpも、早いもので2年が経ちました。 2周年ですよ。2周年。 当初、一人で寂しく始めた企画でしたが、少しずつ協力してくれる仲間も増え、写真の通 …

北京世界陸上でメダルランキング1位「ケニア」の活躍を振り返る

8月22日~30日まで、熱戦が繰り広げられた世界陸上北京2015。 中でも、これまで「中長距離王国」と呼ばれていたケニアが、新しい種目で大躍進を遂げたことで、大きな話題となりました。 本日は、そのケニ …

巷で噂のLifebloodに新TSOが誕生!晴れの就任式にお邪魔してきた

本サイトを読んでいただいている方なら、きっとみんながご存知(?)、飯田橋にある”あの治療院”。 Lifeblood鍼灸マッサージ院 に、新TSOが誕生したという噂を聞きつけて、行ってきました。 &nb …

雪の日は、走っても大丈夫なのか?

本日、関東一円で、雪が積もっているようですね。まだまだ降っています。どこまで積もるのでしょうか。 雪国の方から見ればたいしたことはありませんが、特に都心は雪に対して脆弱なので、5cmの雪でもトラブルが …