市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

8.海外 ちょっと豆知識 まとめ

世界ってすごい!世界陸上2015で見せ付けられた ”世界のハイペース” 。

投稿日:2015年8月31日 更新日:

DSC02033

盛況のうちに終了した、世界陸上2015北京大会。

競歩のメダルをはじめとする日本勢の活躍がありましたが、一方で、世界との差を見せつけられるようなレースも多くありました。

今日は、そんな「世界ってすごい!」と痛感させられた各場面について、解説をしたいと思います。

(※管理人計測/他は公式発表)

男子5000m予選

予選1組で大迫傑選手が好走!

スローペースとなった予選1組目は、着順争いが本格化した最後の2000m、世界のスピードをまざまざと見せ付けられる結果となりました。

そんな中でも世界のペースアップに対応し、最後まで着順争いを繰り広げた大迫傑選手の走りは快挙と言えるでしょう。

ラスト1500m 3分47秒8※
後半2000mのラップ 2分36秒8※→2分29秒7※(5分06秒5)

 

 

男子5000m決勝

優勝したファラー選手を基準に計測。

ラスト1500m 3分39秒4※(1500m走の日本歴代7位相当)
ラスト1000m 2分19秒20(1000m走の日本記録は2分19秒65
ラスト800m 1分48秒8※
ラスト400m 52秒3※  


ちなみに、ツイート主Akiko Sani Brown (@hakimom)さんは、男子200mに出場したサニブラウン・ハキーム選手のお母様。

女子5000m決勝

まず、優勝したアヤナ選手の記録14分26秒83は、世界歴代8位相当(本人が既に歴代3位を持っている)です・・。

ペースメーカーの居ない、勝負の掛かった世界陸上で出す記録としては破格の記録です(もちろん大会新)。

以下、各ラップのすごさ。

後半3000m 8分19秒91(世界歴代5位相当)
後半2000m 5分31秒20(世界歴代12位相当)
ラスト1500m 4分08秒4※(1500m走の日本記録は4分07秒86)

最も速い1000mは3000~4000のLAPで2分43秒62でした(1000m走の日本記録は2分41秒08:杉森美保/2002年)。

-8.海外, ちょっと豆知識, まとめ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【注意喚起】大会案内ハガキをWEBに晒すときは注意してね

手ごろな参加案内ハガキが無かったのでそれっぽいやつで ※2016.11.4 読者の方のご指摘により内容修正しています※   マラソンシーズンが開幕しましたね。 『**マラソンに出場します!私 …

Citymarathon編集部で忘年会してきたよ2016!

2016年12月25日、クリスマス真っ只中のこの日、 Citymarathon編集部で忘年会をしてきました。 ・ ・ 決して、暇なんじゃないよ! 忙しい合間を縫って開催したんだよ!!   ※ …

【2016年一週間経過】目標の進捗はいかがですか?

※2016/01/14少し内容更新 2016年、早いものでもう一週間が経ちました。 お正月に『今年の目標』を掲げた方も、そうでない方も、どんな一週間でしたか? 一週間=一年の2% 2016年は366日 …

箱根駅伝の走路&距離変更に関するニュースが分かりにくいので解説

今日、各スポーツニュースでこんな記事が出ていましたね。 関東学生陸上連盟は8日、東京箱根間往復大学駅伝の総距離は来年1月の91回大会から、これまでより800メートル短い217・1キロになると発表した。 …

著名人たちの「マラソン五輪・世界陸上代表選考基準」案+管理人案

「結果オーライ」などと揶揄される、リオ五輪男女マラソン選考結果。結果的には文句なしの選考結果となりましたが、この結論に至る過程には、”福士問題”に代表されるように、様々な議論がありました。 そして、自 …