市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

ニュース

クイーンズ駅伝2017優勝チームで薬物違反。優勝取り消しの可能性。

投稿日:2018年7月31日 更新日:

2018年7月19日のニュース。

陸上女子長距離の強豪実業団チーム、ユニバーサルエンターテインメントの元選手(昨季限りで引退)が、昨年11月に行われた全日本実業団対抗女子駅伝でのドーピング検査で禁止薬物に陽性反応を示していたことが18日、複数の関係者への取材で分かった。

 

昨年のクイーンズ駅伝、ユニバーサルエンターテインメントは日本人選手のみで戦い、トップでゴールしました。

6人の優勝メンバーのうち、昨季で引退した選手は一人しかいませんので、、特定は可能ですが、ここで書くのはやめておきます。

 

チームは同駅伝で5年ぶり2度目の優勝を果たしたが、同選手の成績は抹消されるため、優勝が取り消される前代未聞の事態となる。

 

こういったドーピング事案が発生するたびに、「楽して勝とうなんて言語同断!」と言って、騒ぐ方々がいますが、現時点で判明している事実は「陽性反応があった」というだけです。

 

関係者によると、元選手がレース前に個人的に治療薬を使用し、その中に禁止薬物が含まれていた。本人は競技力を高める目的での使用は否定しているという。

 

記事にもあるように、いわゆる「うっかりドーピング」の可能性があるということ。

あまり画一的な表現をするのも良くないですが、集団生活が染みついている日本人が、「駅伝」という競技で、バレたらチーム全体に迷惑になる「ドーピング」を、意図的にやるとは、少々考えづらいです。

 

通常、ドーピング検査では検体を2つ用意しており、一つ目のA検体で陽性反応があった場合、選手側はもう一つのB検体で再検査を要求できます。

記事中の「陽性反応」が、どの段階を示しているのかはわかりませんが、もし陽性反応に対して反論の余地がない状態なのであれば、ご本人の意図がどうであれ、禁止薬物による競技力向上が認められてしまうことになるので、優勝の剥奪は免れないでしょう。

 

しかし、それは選手の人間性を否定することとは違います。

確かに、競技者である以上、うっかりドーピングを予防する使命はありますが、ミスをすることは誰にでもあり得ます。

また、ドーピングの禁止薬物リスト(PDF)は膨大ですから、そのすべてを把握することは困難であり、チームドクターの役割とされることが多いです。

 

何か一つ、大きなことをやってしまうと、徹底的にたたかれてしまう今の日本。

「優勝は認められないけど、運が悪かったね。」

そんなふうに、言えるような結果になることを祈ります。

 

-ニュース

関連記事

『東京荒川マラソン』の中止に関する黒い噂の真相は。

昨日、衝撃のニュースが飛び込んできました。 約1500人が参加予定となっていた、12月21日(日)開催の「東京荒川マラソン(江戸川区)」が中止! しかも、その理由はなんと「主催者の手違いで、会場の使用 …

東京マラソン2015 フィニッシャータオル・メダル

東京マラソン一般エントリー終了。倍率は過去最高の11.3倍を記録!

東京マラソン2015 フィニッシャータオル・メダル 8月31日17:00、東京マラソンの一般抽選エントリーが締め切られました。 倍率、申込人数ともに過去最高を記録したとの発表がありましたが、そんな中で …

東京五輪 陸上中長距離勢の活躍まとめ(記録詳細つき)

2021年7月23日~8月8日の日程で開催された東京五輪。 多くの日本人選手が活躍し、歴史に名を刻みました。 まずは、男子編から。   個人的MVP 三浦龍司選手(順天堂大・19) 2002 …

日体大記録会(12/7・横浜市)5000mで脅威の高1最高記録が誕生!

2014年12月7日(日)、日体大記録会で、また一つ、大きな壁が破られました。 学校法人石川高校1年 遠藤日向(えんどう・ひゅうが)選手が、高1史上初の13分台となる、13分58秒93をマークしました …

ちばアクアラインマラソンの完走メダル・・・?

10月19日に開催された「ちばアクアラインマラソン」。 2012年に第1回が開催され、2013年は非開催となってしまった影響で、今年の大会は2年ぶりとなる開催で、楽しみにしていたランナーは多かったはず …