市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

1.関東 ニュース 神奈川県

日体大記録会(12/7・横浜市)5000mで脅威の高1最高記録が誕生!

投稿日:2014年12月9日 更新日:

遠藤日向

2014年12月7日(日)、日体大記録会で、また一つ、大きな壁が破られました。

学校法人石川高校1年 遠藤日向(えんどう・ひゅうが)選手が、高1史上初の13分台となる、13分58秒93をマークしました。

 

ちなみに、このレースでは他にも2名の高校生が13分台をマークしており、一度のレースで3人の高校生が13分台を出す、という記録もありました。

レース結果

1 32 岡崎 達郎 大阪ガス 大阪 13:53.88
2 29 サムエル ムワンギ コニカミノルタ 東京 13:55.64
3 13 梶谷 瑠哉 白鴎大学足利高校 栃木 13:57.81
4 19 大谷 克 南陽市役所 山形 13:58.21
5 38 遠藤 日向 学校法人石川高校 福島 13:58.93
6 42 長谷川 令 豊川高校 愛知 13:59.03
7 43 岩崎 祐樹 セキノ興産 新潟 13:59.05
8 20 鈴木 駿 南陽市役所 山形 13:59.65
9 40 楠 康成 小森コーポレーション 茨城 14:00.60
10 22 若松 儀裕 日清食品グループ 東京 14:01.03

 

ご本人もTwitterで報告

ちょっと前までは、選手の声を聞くなら新聞、雑誌などが主体でしたが、今はTwitter。そういう時代になったのですね・・

 

学年別5000m最高記録(大会前)

高1 羽生拓矢(八千代松陰)14分00秒55 2013年11月17日

高2 北村聡(西脇工)13分45秒86 2002年10月23日

高3 佐藤秀和(仙台育英)13分39秒87 2004年10月27日

 

日体大記録会で作られた記録

男子800m

横田真人 1分46秒(当時日本記録) 2009年10月18日

川元奬 1分46秒89(日本ジュニア記録) 2012年5月26日

男子10,000m

佐藤悠基 28分07秒39(日本高校最高) 2004年11月27日

佐藤秀和 28分10秒32(日本高校歴代2位)2004年11月27日

上野裕一郎 28分27秒39(日本高校最高:当時)2003年11月29日

女子5000m

フェリスタ・ワンジュク 15分02秒28(日本高校留学生最高)2008年11月22日

 

あわせて読みたい

この日の日体大記録会観戦記事を、シリーズとして掲載しています!!

第一章 1組~10組 市民ランナーの闘い

第二章 11組~20組 市民ランナーの雄たちの走り

ちょっとブレイク CityMarathon.jpシンボルアスリート(笑)大黒選手就任会見の様子と結果報告

第三章 26組 インターナショナルな高速レース

第四章 27組~35組 1km3分を切る世界

第五章 36組~40組 一流ランナーの走りと、夜の知られざるニッタイ

最終章 41組 高校生3選手による大記録の誕生

おまけ:選手たちの足元(足音)映像集

-1.関東, ニュース, 神奈川県


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大接戦!WAVE EMPEROR CUP決勝戦に挑んだTEAM MxKの一日を追ってみた【前編】

“肌を刺すような” 真夏の日差しが東京に降り注いだ7月10日、江東区にある「夢の島競技場」に、日本全国から市民ランナーの猛者たちが集まりました。 「最強市民ランニングクラブ決定 …

北海道マラソン2015参加賞Tシャツ

管理人、明日は、北海道マラソンに参加してきます。 早速ですが、今年の参加賞Tシャツをご紹介します!! 北海道マラソン2015参加賞Tシャツ   背面。   ちなみに2014年の参加 …

変態ランナー集結!?綱島 ”オオグロ合宿” に潜入してみた(3)完結編

(本記事はその1・その2からの続きです) 8月8日から、二日間にわたって開催される第1回オオグロ合宿も、二日目に突入しました。本日は、高尾~陣馬トレイルランです。   6時起床、6時半出発。 …

9月の日体大記録会、中止だそうです。

「日本の市民マラソン」の情報として、どの程度、影響範囲があるのか分かりませんが、9月末に開催を予定されていた日体大記録会の中止が発表されました。   9月26・27日に開催予定でした第246 …

東京マラソンの完走メダルデザインまとめ(表裏あり)

東京マラソンの完走メダルのデザインを、まとめてみました。 フルマラソン・10kmどちらかを完走するともらえます。 全部持ってる人、居るのかな??   第8回 2014年 出典:http:// …