市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

1.関東 レースレポート 東京都 行ってみた

大接戦!WAVE EMPEROR CUP決勝戦に挑んだTEAM MxKの一日を追ってみた【前編】

投稿日:2016年7月15日 更新日:

Mizuno Running

“肌を刺すような” 真夏の日差しが東京に降り注いだ7月10日、江東区にある「夢の島競技場」に、日本全国から市民ランナーの猛者たちが集まりました。

「最強市民ランニングクラブ決定戦」と銘打って開催されたWAVE EMPEROR CUPの決勝戦。

春に、全国6か所(※)で開催された地方予選を勝ち抜いた12チームが、最強市民ランニングクラブの称号を賭けて争うこの大会。

ビジネスマン最速ランナー松本翔さん率いる「TEAM MxK」の戦いに、密着させていただきました。

※本来は7か所での開催予定でしたが、熊本の震災の影響で、九州予選が中止となりました。

予選会のようす

関東地区予選は4月30日(土)@舎人公園陸上競技場

陸上競技スタート

5人がそれぞれ5000mを走り、合計タイムの少ない2チームが決勝戦に進みます。

合計タイム1時間16分01秒(平均15分12秒)をマークしたTEAM MxKが、関東予選トップ(全国総合2位)で予選を通過。

ちなみに、全国トップで通過したのは、東北代表「強くなろーの会」。

合計タイムは1時間15分45秒。TEAM MxKとの差は・・・一人当たり3.2秒と、決勝での接戦が予想されていました。

 

いざ、決勝戦!!

朝から30度を超える暑さの中、決勝のスタートはまさかの12時(!)。

決勝戦は、一人4.6kmを5人で繋ぐ駅伝形式で行われます。

s-DSC06540

本番に向けてスタンバイをするTEAM MxKの皆さん(左から1区秋山さん、5区三宅さん、4区松本さん)。
普段は、TEAM MxKでペースメーカーを務めている皆さんが、今日は本気のレースを見せてくれます。

ライバルである「強くなろーの会」のメンバーについても情報を持っているようで、入念に作戦を練っていました。

「強くなろーの会」勢は、多くのメンバーが前日に10,000mのレースを走っているそうで(!)その記録が30分台が何人だとか、、5000mの自己記録13分台が3人?いるだとか、、、なんだかすごい選手が揃っているそうです。

 

齋藤大樹さん

こちらは、予選会で全参加者中トップタイム(14分37秒)の齋藤大樹さん。
箱根駅伝や実業団は未経験の市民ランナーでありながら、今年5月、5000mで「14分00秒48」をマークした齋藤さん、本日は2区を走ります。

 

s-DSC06625

CitymarathonではおなじみのSAITAKUこと齋藤拓也さん。
このところ、本調子ではない状態が続いているそうで、ちょっと緊張気味。今日は3区を走ります。

 

限定60枚の参加賞Tシャツ

WAVE EMPEROR決勝参加賞

こちらが、決勝戦に進んだ選手のみに配られる参加賞Tシャツ。
「FINALIST」の文字が輝きを放っています。

 

11時55分 そろそろスタートです

s-DSC06546

スタート前に、各チーム1区の選手が紹介されます。

 

s-DSC06552

TEAM MxKの1区は秋山太陽選手。

 

s-DSC06556

よろしくおねがいしまーす

 

s-DSC06561

全12チームが出そろい、スタート時刻を待ちます。

 

s-DSC06565

12時ちょうどスタート!谷川真理さん自撮り中(笑)

 

s-DSC06574

1区のランナーが、勢いよく飛び出していきました。

 

s-DSC06577

夢の島競技場周りを走る1.15kmのコースを4周して1区間となるこの駅伝。

 

s-DSC06580

1区の集団は、1kmほぼ3分のペースを保ったまま、誰一人脱落することなく2周目に入りました。

 

TEAM MxK応援団!

s-DSC06588

TEAM MxKの応援団。
「最強市民ランニングクラブ」の称号を賭けて、応援にも熱が入ります。

 

s-DSC06585

コースはトラックを出ると、メインスタンドを挟んで反対側のロード区間を通ります。

 

ロード区間を見送ったら、すぐにトラックへ(笑)

s-DSC06590

急げ急げーー!

選手たちはとにかく速い(笑)
急いでトラックに戻ります。ロード→トラック→ロード→トラック・・・を、行ったり来たり。応援する方も大変です。

 

s-DSC06594

そして、トラックに戻ってくる選手たちを応援します。

 

s-DSC06600

1区の選手が、最後の4周目に入りました。

先頭集団は下馬評通りの3チーム。
予選総合トップの「強くなろーの会」を先頭に、関東2位の「関東クラブ連合」、関東トップの「TEAM MxK」と続きます。

 

1区トップは「強くなろーの会」

s-DSC06604

1区のトップは「強くなろーの会」。
中央学院大時代、箱根駅伝で5区を走った経歴を持つ大谷選手が、13分51秒のトップで中継(3分00秒/km)。
僅差で「関東クラブ連合」が続く展開。

 

s-DSC06613

先頭から遅れること12秒。「TEAM MxK」秋山さんが続きます。

 

s-DSC06618

襷は2区・齋藤大樹さんへ。

 

s-DSC06624

前を走る二人を目標にしながら、斎藤さんが駆け抜けていきました。

 

前との差が詰まってきた!

s-DSC06622

一周を走って約6秒差。先頭との差が縮まってきました!

 

二周目・・・先頭に追いつく!

s-DSC06632

二周目の終盤、齋藤さんが先頭に追い付きました!
まさにエースの仕事。すぐに先頭に立ち、後ろを引き離しにかかります。

 

s-DSC06639

・・ところが、3周目で離されてしまいます。
「TEAM MxK」がエースを投入したこの区間、「強くなろーの会」もエース・森谷修平選手を投入してきました。

森谷選手は、日大時代に長距離主将を務め、箱根駅伝では2区を走ったランナー。そう簡単には抜かせてくれません。

 

激戦の2区。トップで中継したのは・・?

s-DSC06664

TEAM MxK 齋藤さん!
最後の一周、力を振り絞る激走で、2位に5秒差をつける素晴らしいスパートを見せました。

齋藤さんは、この日の全体トップタイムとなる13分11秒(2分52秒/km)をマーク。
5000m換算でも14分20秒となる素晴らしい走り(しかもこの暑さ!)でありながら、5秒しか差が付かないこのレース。。まさに、最強決定戦という名に相応しい、ハイレベルのレースが展開されています。

 

s-DSC06669

続いて、3区を走るのは齋藤拓也さん(SAITAKU)。

 

s-DSC06676

春先の故障などが響き、なかなか調子の上がらない中で迎えたこのレース。
スタートして間もなく、強くなろーの会(遠藤選手)に追いつかれてしまいますが、簡単に先頭は譲りません。

 

s-DSC06680

譲りません。

 

s-DSC06679

譲りません。

 

s-DSC06685

先頭を譲らないSAITAKUと、付いていく遠藤選手。
遠藤選手も例に漏れず、青学大時代に箱根駅伝(4区・1区)を走った実力者。
二人の1km3分を切る攻防が続きます。

 

s-DSC06693

同じポジションをキープしたまま、二人は最終周回に入ります。

 

手に汗握る接戦、結果はいかに・・・。

続きは後編へ!

 

 

-1.関東, レースレポート, 東京都, 行ってみた

関連記事

DOUBLE Road Race<ダブルロードレース>(通年・東京近郊)

「アメリカからやってきた全く新しいロードレース」として2015年末から始まったロードレース大会。 「Runners Word」創設者、ボブ・アンダーソンが始めた、2本のレース(10k+5k)を走り、合 …

最後の横浜国際女子マラソン・・最後の関門、それぞれのドラマ。

本日、最後の横浜国際女子マラソンが開催されました。 歴史そのものは6回と浅いのですが、東京国際女子マラソンの時代から、思い入れの強いランナーは多く、本日も『最後の大会』という寂しさの漂う一日となりまし …

茨城県・北浦で100キロマラソン開催へ 2019年3月

  昨日のニュース。  毎日新聞  1342 shares 2 users茨城・行方:北浦1周100キロマラソン開催へ 来春 – 毎日新聞https: …

日体大記録会(神奈川県横浜市・通年)

ちょっと趣を変えて、陸上競技の記録会のご紹介。今日は、大学が主催する記録会の代表格、日体大記録会をご紹介します。 日本体育大学が実施する、長距離記録会。陸上の大会であるが故に、敷居はかなり高いのですが …

第31回 リスタートタイムトライアルin味スタ西競技場

12月23日(火)にリスタートランニングクラブ(代表:石川哲行氏)主催の「リスタートタイムトライアル」が開催されました。 今回、私もスタッフとして係らせてもらいました。   9:00 スタッ …