市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

ニュース

日清食品G陸上部の”実質廃部”に関するニュースと不信感

投稿日:

2019年1月10日、日清食品グループ陸上部が活動を大幅縮小するニュースが、陸上界では大騒ぎになっています。

 

正確には「世界を目指す選手の競技活動をサポートする体制への切替」という名目だそうで、変更点は以下の通り。

  1. 2019年4月入社予定の内定者2名の内定取り消し(2名の就職先はサポートされるとのこと)
  2. MGC出場権を持つ2名(佐藤悠基・村沢明伸)以外の全選手へ退部勧告(社業専念への道はあるとのこと)

 

明確には書かれていませんが、要約すれば「陸上部は廃部。だけど五輪目指せる二人がいるから、そこだけは残そう。」といったところでしょうか。

選手に通達されてから報道されるまで、たった2日間しかなかったというスピード感が、逆に不信感を広げているようです。

 

 

 

 

 

 

 

特に、内定取り消しについてはかなり批判的な意見が多いようです。

 

 

 

 

 

藤原新さんの興味深いツイートも。。

 

 

 

藤原新さんが書いているように、選手の移籍問題で揺れる長距離界に、もう一つ飛び込んできた悲しいニュース。

企業だけが悪いわけでもなく、もちろん選手たちが悪いわけでもない。

ただ少々、後味の悪い結果になってしまったことだけは、残念です。

 

内定取り消しについては批判的な意見も多いようですが、

入社して一年とかで退社に追い込まれるよりは、今のうちに長期的に面倒を見てもらえる環境に移ることができる(と願っている・・)のは、

この期に及んでは、ある種の”救い”なのかもしれません。

(そもそも内定するなよ、とか色々ご意見があるのは承知の上ですが、、企業の方針というのもまた、中長期計画通りにいかないことがあるのも確かなのです・・)

 

影響を受けてしまった選手たちの今後の競技活動、または今後の人生に、悪影響が無いことを祈るばかりです。。

 

さいごに、私も。

-ニュース


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

最後の横浜国際女子マラソン・・最後の関門、それぞれのドラマ。

本日、最後の横浜国際女子マラソンが開催されました。 歴史そのものは6回と浅いのですが、東京国際女子マラソンの時代から、思い入れの強いランナーは多く、本日も『最後の大会』という寂しさの漂う一日となりまし …

第1回大会が「当日計測の結果、後付けで公認される」場合の、発表時期を予想してみる。

先ほど、「第1回横浜マラソンが、公認コースになる可能性が残されてるよ!」的な記事を書きましたが、その中で、 公認かどうか、いつ教えてくれるの?? という質問については、「分からない・未定」という回答に …

横浜マラソンの距離不足は”186.2m”でした(10kは94.1m)

ついに、ついに発表されましたね。 横浜マラソン”非公認コース”の距離不足の件。結果、186m不足だったとのことです。 以下、朝日新聞デジタル4/7配信「横浜マラソン、規定より186M不足 公認得られず …

【第1回】横浜マラソン2015の追加抽選が決定!

横浜マラソン事務局より、こんなお知らせがありました。 「地元優先枠」及び「一般枠(フルマラソン、10km)」において、入金未了の方がいらっしゃったため、追加抽選を行います。抽選結果につきましては、追加 …

横浜マラソン2015 完走率等のデータ

横浜マラソン2015が終了しました。 数日前までは雨予報でしたが、直前に曇りに変わり、雨に降られずに済みました。気象的には好条件に恵まれたこともあり、完走率は96%と、高い数値を記録しました。 &nb …