Citymarathon.jp – 日本の市民マラソン情報

市民ランナーによる、市民ランナーのための、市民マラソン情報サイト

東京・柴又100k(東京~埼玉~茨城・6月)

      2016/10/11

この記事は2014年9月に掲載されたものです。
状況が変わったり、リンク先が変わっている可能性があります。

title

2013年から、雑誌RUNNERSを発行する株式会社アールビーズが開催している、本格的なウルトラマラソン。

大会ステータス

都内で唯一の、本格ウルトラマラソン

100kmの部は日本陸連・IAU公認コース かつ 公認大会

 

基本情報

通常開催月 6月
直近の開催 第3回 2015/6/6(土)
種目 100km(登録・一般)/60km
公認コース ○(100kmのみ)
公認大会 ○(100kmのみ)
途中計時公認 なし
参加賞 シェルジャケット
完走賞 記録証/完走メダル
制限時間 100km14時間/60km9時間

 

エントリー

100km 定員2,500人(22,000円)

60km 定員1,000人(16,000円)申込み開始後1ヵ月半で定員到達

2014年大会では、レイトエントリー(金額同じ、スタート時刻が別、表彰なし、完走メダルなし)も実施されましたが、完走メダルデザインが決定したことと同じ記事に「レイトエントリー開始!」と出したことが、完走メダルが貰えると勘違いを招くのでは?と不評だったようです。

確かに、ウルトラマラソンを走り切ったのに完走メダルがもらえないって、ちょっとさびしいですよね。

 

コース

江戸川沿いを走る、全体的に高低差の少ないコース。

出典:大会参加案内

出典:大会参加案内

・・ではあるものの、図を見ていただくと分かるとおり、途中クサビになったような箇所が何度もあると思います。堤防なので、上ったり下りたりするわけですね。これが案外きつい。100kmだと16回。

さらには、河川敷ゆえの「日陰がないコース」。特に初回から2回は快晴となってしまったため、熱中症で途中棄権する人が続出しました。

(第3回となった2015年大会は、例年より多少涼しい気候でした。それでも暑かったけど)

 

参加賞

2014:撥水加工シェルジャケット。ウィンドブレーカーより薄手でゼッケンが透ける上着です。大会ロゴの記載は控えめなので、練習でも着れそうです。

2015:帽子の日よけ。

 

完走メダル

完走メダルは、単純な丸型ではない形状で、工夫されています。

2013年 お札?の形

2014年 手裏剣の形(2013年は100k・60kとで同じデザインでしたが、2014年は距離により色分けされていました。)

2015年 扇子の形

2013年好評だったフィニッシャータオルは、2014年には無くなっていました。

その他、完走記録入りフィニッシャーズシャツなどを作成できるオプションもあります。

 

完走率(完走者数/出走者数)

第1回 2013年

100km 67.7%(男68.2% 女63.0%)

60km 89.6%(男89.4% 女90.3%)

第2回 2014年

100km 45.1%(男46.4% 女34.1%)

60km 66.9% (男67.3% 女65.4%)

第3回 2015年

100km 78.2% (男子77.7% 女子84.9%)

60km 91.6% (男子 91.8% 女子91.0%)

3回目の開催となった2015年大会は、過去2回と違い、曇り空(後半は晴れ)の中での開催となり、完走率が向上しました。

第1回では、給水の不足により参加者から多くのクレームがありましたが、第2回ではしっかりと改善されている様子で、反省を生かした大会運営の様子が感じられました(筆者は第2回、60kmに出走)。

ただ、第3回では、大会前に購入する「スペシャルバック」が、あるべき場所に置かれていないというトラブルになりながらも、返金に応じない、取り合ってくれない等、クレームが多かったとのこで、課題の残る一面もありました。

 

表彰

100km 男女別 登録・一般それぞれ6位以内 →2015年は3位以内に縮小

60km 男女別 一般6位以内 →2015年は3位以内に縮小

prize

総合入賞者には、2013年はRunnersオリジナルのジャージ上下、2014年はRunnersオリジナルのバックパックが贈呈されました。

 

各部門(登録を除く)5歳刻みで年代別3位まで表彰。

2014年:アミノバイタルゼリーと葛飾特産?せんべい。

東京柴又100k年代別入賞2014

 

2015年:RUNNERSグッズ1000円前後をランダムにという感じ。ゼッケン留めや靴下などが配られたようです(管理人は靴下。サイズ合わないので使えませんww)。

東京柴間100k年代別入賞2015

 

60km王者 東田薫選手のゴールシーン動画


ミドルウルトラの世界で、その実力を発揮し続ける東田選手。

このレース前にも奥熊野ウルトラ(65k)で優勝、柴又のあとにも北海道マラソンで熱中症になりながら、9/21の田沢湖マラソンで総合3位入賞を果たしています。

この柴又のレースでも、前半の30kmを1時間54分と快速で飛ばし、途中苦しみながらもダントツでゴールした東田選手。この大会での連覇は、さらに続きそうな予感です。

この記事を評価する


記事の評価入力フォーム
* 必須項目

The following two tabs change content below.
Citymarathon.jp管理人。平日は会社員。市民ランナーの視点で「役に立つ記事」と「笑顔になれる記事」をお届けすべく、ネタ探しの日々を楽しんでいます。

 - ウルトラマラソン

  関連記事

出典:サロマ湖100kmマラソン公式
サロマ湖100kmウルトラマラソン(北海道・6月)

日本国内で唯一、国際陸連が公認するウルトラマラソンの大会。100kmの世界記録は …

peuterey outlet online peuterey outlet online peuterey outlet online peuterey outlet online peuterey outlet online woolrich outlet online woolrich outlet online woolrich outlet online woolrich outlet online woolrich outlet online doudoune parajumpers pas cher doudoune parajumpers pas cher doudoune parajumpers pas cher doudoune parajumpers pas cher doudoune parajumpers pas cher golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet golden goose outlet